檜町ウィメンズクリニック 〒107-0052東京都港区赤坂6-19-45 赤坂メルクビル2F TEL/03-3589-5622 FAX/03-3589-5623
港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
診療内容
不妊症・不育症
更年期障害
生理に関係したトラブル
子宮筋腫・子宮内膜症
性感染症
港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
子宮がん検診
妊娠初期のチェック
避妊相談
ブライダルチェック
当クリニックの受診方法

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
お知らせ
プライバシーポリシー

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
院長経歴
診療時間・アクセス
院内風景
リンク集

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
子宮がん検診

子宮がん検診の基礎知識
3.子宮がん検診は子宮から直接検体を採取してきて顕微鏡で細胞を調べる検査

がん検診にはレントゲンを撮ったり、血液検査をするなどの方法がありますが、子宮がん検査は細胞診という検査が基本になっています。直接子宮から細胞を採るので、診断の確実性は高いですが、内診台に上がるのに抵抗はあるし、さらに痛みがあるのか心配する人も多いかと思います。細胞採取といってもこのあたりの細胞は、はがれや易いので、採取自体はそれほど痛み無くすみます。子宮頸がんは腟の奥の子宮のはじまりのところにできるので、普通の婦人科内診で見える範囲に病気ができることが多く、簡単に採取できます。体がんは子宮の中なので直接見ながら細胞を取ることは難しいです。体がん検診では専用の採取器具を使って細胞をとります。かなり個人差はありますが、頸がんチェックよりも痛みや出血を伴う傾向があります。
がんは心配だけど婦人科に行くのはどうも・・という人には自己検査キットがあります。
腟内に器具を入れて自分で細胞採取する方法です。この方法は異常がある人がうまく細胞が取れればいいのですが、病気のあるところにあたらないと、異常無しと判定される危険性もあります。また最近は原因となるパピローマウィルスを検出するキットもあります。
しかしパピローマウイルスがいたとしても必ずしも病変があるとは限りません。結局がんの検査はがん細胞や前がん細胞があるかないかの検査なので、最終的には細胞診が必要となります。そのようなわけで、婦人科医としてはできるだけ来院しての検査をお勧めしています。

COPYRIGHT(C)2007 東京ミッドタウン・檜町公園のそば/檜町ウィメンズクリニック ALL RIGHTS RESERVED.