檜町ウィメンズクリニック 〒107-0052東京都港区赤坂6-19-45 赤坂メルクビル2F TEL/03-3589-5622 FAX/03-3589-5623
港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
診療内容
不妊症・不育症
更年期障害
生理に関係したトラブル
子宮筋腫・子宮内膜症
性感染症
港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
子宮がん検診
妊娠初期のチェック
避妊相談
ブライダルチェック
当クリニックの受診方法

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
お知らせ
プライバシーポリシー

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
院長経歴
診療時間・アクセス
院内風景
リンク集

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
子宮がん検診

子宮がん検診の基礎知識
4.子宮頸がんと子宮体がんでは検診の意味合いが違ってくる

頸がんは前がん状態から本格的ながんになるまでの過程がわかっている数少ない病気です。ですから20歳過ぎからきちんと検診をうけていれば、本格的ながんになる前に小さな負担で治療できてしまいます。一方体がんは病気の進行の過程がまだはっきりしないので、
がんの一歩手前の状態を掴まえるのがちょっと難しいです。また早期発見に見合った、より負担の少ない簡単な治療も確立されていません。細胞採取しにくいことも合わせると、頸がんほど世界的に普及しているがん検診にはなっていません。
しかし体がん検診で行う、子宮内の細胞検査は不正出血の検査としては重要で、他の検査に替えられないものです。異常があるときの、診断として子宮の体がんチェックは非常に有効なものと考えてください。

COPYRIGHT(C)2007 東京ミッドタウン・檜町公園のそば/檜町ウィメンズクリニック ALL RIGHTS RESERVED.