檜町ウィメンズクリニック 〒107-0052東京都港区赤坂6-19-45 赤坂メルクビル2F TEL/03-3589-5622 FAX/03-3589-5623
港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
診療内容
不妊症・不育症
更年期障害
生理に関係したトラブル
子宮筋腫・子宮内膜症
性感染症
港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
子宮がん検診
妊娠初期のチェック
避妊相談
ブライダルチェック
当クリニックの受診方法

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
お知らせ
プライバシーポリシー

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
院長経歴
診療時間・アクセス
院内風景
リンク集

港区 六本木 赤坂 産婦人科 不妊治療
子宮がん検診

子宮がん検診の基礎知識
8.子宮がん検診とHPV検査

子宮頸がんの発生の原因としてHPV(ヒトパピローマウィルス)感染が重要視されています。 HPVは性交時に感染すると考えられおり、様々なタイプに分類されています。なかでもハイリスクなグループのHPVに感染すると子宮頸がんになる危険性が高くなると言われています。しかしながら、がんになるのは感染者の一部であり、検査で陽性であってもすぐにがんの心配をする必要はありません。 いずれにしてもこれまでの細胞検査に加え、HPV感染の有無を調べることは、これからのがん検診において重要であると考えられています。検査は区医師会のモデル事業として行われており無料です。 検査を希望する方は、検診の予約時に「HPV検査も希望」とお伝えください。
なおこのモデル事業の対象となるのは20〜29歳までの方で、港区の子宮がん検診をおこなった同日の検査に限ります。
HPV検査はこの対象者以外の方でもできますが、保険診療の適応が無く自費となります。

平成21年度の港区子宮がん検診時のパピローマウィルス検査は定数に達したため終了しました。
通常の区の子宮がん検診は11月30日まで行われますので、対象の方は電話でご予約ください。    

COPYRIGHT(C)2007 東京ミッドタウン・檜町公園のそば/檜町ウィメンズクリニック ALL RIGHTS RESERVED.